高橋規子先生の七回忌によせて

晩秋らしい、澄んだ空気とやわらかな日差しが心地よいここ数日です。オフィス近くの日本大通りや山下公園沿いのイチョウも、だんだんと美しい黄金色に染まり、通勤時や昼休みに目を楽しませてくれています。
根元には、かわいらしい実がコロコロと。通りかかるたび、拾いたくてムズムズします。でも、道ゆく人たちは見向きもしません。
あれは拾うと、何か問題があるのでしょうか。所有権が誰にあるとかなんとか?私の中では、落ちている銀杏といえば「早い者勝ちで拾うもの」というイメージなのですが……昭和?

閑話休題。
11月といえば、高橋規子先生の七回忌が近づいてきました。システムズアプローチを私に一から教え、鍛えてくださった、恩師です。2011年11月13日に、先生が47歳の若さで亡くなられてから、6年。もう6年なのか、まだ6年なのかよくわかりませんが、とにかく6年。

その頃、私はすでに高橋先生の研修会を一応「卒業」というかたちになっておりましたし、先生は私が頼らず、なるべく自力でやっていけるよう背中を押してくださっていましたから、先生に直接ご指導いただいたり、ご相談する機会も、少なくなっていました。それから、6年。
6年も経つと、あれこれさまざまに変わります。若手だからという言い訳に逃げられず、「中堅」と言われても拒めない世代になりました。経験したことのないお仕事をいただく機会も、増えました。学会の委員、シンポジストやコメンテーター、研修講師、等々等々。こんなやり方で良いのかと迷ったり、あれで良かったのかと悔やんだりも、しばしばです。
こんな時に、先生がいらっしゃったら。「先生に会いたいなあ」という思いが、胸をよぎります。6年前よりも今の方が、先生の不在を強く感じます。
まあ、なかなかに「濃ゆい」方でしたから、お会いしたらしたで「七面倒な話にもなるんじゃないの〜?」なんてツッコミが、各所から聞こえてきそうでもありますが(笑)

年次を経るということは、経験が積まれると同時に、「先生」を失っていくということでもあるのだと、あらためて思います。仕事を続けるかぎり、どんなにベテランになっても、迷い戸惑うことはなくならないでしょう。諸先輩方は「先生」の喪失と、どのように折り合ってこられたのか。あの方この方に、いつかうかがってみたいなあ……と、そんなことに想いが舞い飛ぶ頭の上は、霜月の深い深い青空です。

こんな時には、家族療法の偉大な先達、キーニーとその師「オルガ」に倣って、自分に問いかけてみましょうか。「もし高橋先生だったら、この状況をどんなふうに考える?」

(安江)

夏の学会ワークショップ

最高気温が30度を越えることはあっても、気候の肌ざわりはすっかり秋のそれですね。今年は7月くらいがとても夏らしい天候だった気がします。

丁度その頃から、7月から8月にかけて、2つの学会で大会ワークショップの講師をお任せいただきました。ひとつは日本ブリーフサイコセラピー学会で、「システムズアプローチ〈完全理解〉」と銘打っての5時間の研修。院生からベテランの方まで、20数名の方にご参加いただきました。

大会ワークショップを一人で担当するのは実は初めてのことで、5時間というのは長いようで短い。その間にアプローチの来歴に触れ、エッセンスを分かりやすく伝え、体験的にワークも入れて、なんてやっていると5時間はあっという間。少し盛り込みすぎたきらいはありますが、無事お役目を果たせたかなと思っております。

加えて、今回は特に「対人援助におけるシステムという視点」について、研修の準備プロセスでグレゴリー・ベイトソンの論文を読み直すことで、私自身新しく気づいたことが多々ありました。ベイトソンのエコロジー概念や数々のアフォリズムは謎めいてみえるので、どうしても雰囲気だけを味わうにとどまりがちです。そのあたりが幾つかクリアになったので、今後のワークショップや研修、授業の中に反映させていきたいと思っております。

もうひとつは、日本家族研究・家族療法学会つくば大会のワークショップで、「認定スーパーヴァイザー企画 スーパーヴィジョンの実際」。スーパーヴァイジーとスーパーヴァイザーがリフレクションを通じて日常のスーパーヴィジョンでは言えないことを言ってみましょう、という企画。今年度から認定スーパーヴァイザーを拝命している関係で講師の一人として参加することになり、期せずして先輩スーパーヴァイザーの謦咳に触れることに。そのコメントの深遠さたるや。特に福山和女先生のご意見は、たいへん印象に残った次第。感嘆致しました。

というように、2つのワークショップは講師にとって、とても得るものが多かったのですが、例によって観光はほぼなし。。場所は松山と筑波だったけど、駅と会場を往復したのみで、唯一、道後温泉は本館の前までは行けた。温泉に入る時間はなかったものの、初めてその雄姿を目にすることができたので、まあ良しとしますか。

(田中)

日本ブリーフサイコセラピー学会松山大会に参加しました

7月末、愛媛県松山市で行われた日本ブリーフサイコセラピー学会第27回大会に参加しました。ここ数年、時間の都合がつかず参加できなかったワークショップも、久しぶりに受講することができました。どの講座にしようかさんざん迷った末に選んだのは「ミルトン・エリクソン入門」。講師の津川秀夫先生(吉備国際大学)から、「タイトルに『入門』って書いてあったの、ちゃんと見た?(笑)」とつっこまれつつ、興味深く楽しく学ばせていただきました。

エリクソンと言えば催眠療法ですが、ワークショップのタイトルの通り、今回は「ミルトン・エリクソン」について学ぶことが主眼です。色盲、音痴、失読症、ポリオなど、さまざまな障害とともにあったエリクソンの生涯を紐解きながら、ユーティライゼーション、リソース、パターンといったエリクソンの治療における諸特徴が、いかにエリクソン「その人」と切り離せないものであるかを学びました。おそらく、エリクソンに限らず、技法や流派といったものはすべからく、それを学ぶ治療者その人という文脈と、切っても切り離せないものなのでしょう。いくら熱心に催眠療法を学んでも、誰も決してエリクソンと同じにはなれないこと然り。同じ◯◯療法を学んだ同士でも、互いのセラピーのありようはなぜか全然違うものになることもまた然り。

私にとって臨床活動は、何年続けても学習と挑戦と少しの達成感、それとは比べものにならないような、大きな自己否定のくり返しです。何かにつけて「なぜあの人のようにできないのだろう」と落ち込みがちですが、ちょっと見方を変えてみると、人生丸ごと含んだ「私」を活用したセラピーは、私にしかできない、ということでもあるのかもしれません。そんな勇気づけをエリクソンからもらいつつ、また今日からえっちらおっちら臨床の日々を、頑張っていこうと思います。

(安江)

雨粒が呼び覚ますもの

梅雨が明けたそうです。横浜は今年、あまり雨が降らなかったですね。
前記事の続きというわけではないのですが、自転車の話。

最近は自転車に乗る機会が以前より増え、そうすると雨対策はちょっとした懸案事項になる。大人になると、雨が降ったら傘を差す、というのがなんといっても簡便な方法で、実際、傘以外の雨具は持っていなかったし、傘が差せないほどの降水時でも傘にしがみつくしかなかった。

ところが、自転車に乗る時にはそういうわけにはいかないので、レインウェアを求めることになる。「雨が降って着るのが待ち遠しくなるくらい、お気に入りのウェアを探すといいですよ」ですって。店員さんはうまいことを言いますね。なるほど。

さて、少し前のこと。待望の雨の日がやってはきたが、溜息をもらし、しぶしぶ店員さんおすすめのウェアを着る(なかなか店員さんのような境地には達することができない)。そうして自転車を走らせていると、不思議な感覚を覚えた。なんというのか、子どもの時の感覚が甦ってきた感じ。これまで傘によって遮られていた、身体を雨粒が直接打ちつける、久しぶりの感触のせいでしょうか。傘を持ち合わせていなかったとか、近くに傘を売っている店がなかったとか、致し方なく雨を受ける場合もありますが、そういう時はずぶ濡れの不快な感触が先立つのでまた別な経験になる。

自転車を走らせながら、何かを思い出せそうで思い出すことはできずに目的地に到着。状態依存記憶という概念があるけれども、記憶を喚起するところまではいかなくて、「久しぶりの感覚」止まりだった。やはりといいますか、普段使わない感覚のモダリティを用いると意外な経験ができるものですね(感覚のモダリティというのはカウンセリングではとても大事なトピックです)。

次の雨が降った時、またこの感覚に遭遇できるだろうか。それを楽しみにすることができるくらいになると、店員さん並に一丁前といえそうなのですが。

自転車からカウンセリングへの「さざ波効果」

こんにちは。関内カウンセリングオフィスのカウンセラー、安江です。

自転車がやってきた!

ひと月ほど前、関内カウンセリングオフィスに、待望の自転車がやってきました。
折悪しく雨の季節になってしまいましたが、梅雨空の合間をぬって、ちょこちょこと乗っています。
銀行や、ちょっとしたおつかいなど、けっこう時間がかかっていた用事がスピーディーに済むようになり、助かっています。
横浜市というのは高低差の多い、自転車泣かせの都市ですが、オフィスがある日本大通りや関内近辺は平地なので、走るのも快適です。

自転車の「さざ波効果」

座っている時間が多いお仕事のため、十数分間の自転車漕ぎでもよい運動になります。身体がすっきりと、軽くなります。
気分転換にもなり、その日の後半のカウンセリングにも「よし、やるぞ!」と、より前向きな気持ちと集中力で、取り組めている気がします。

ブリーフセラピーの領域では、「さざ波効果(ripple effect)」ということが、よく言われます。
「ちょっとした変化が他にも波及し、多方面で良い変化が生じること」とでも言えばよいでしょうか。
自転車という、身近で意外なところから「さざ波効果」を感じる、今日このごろです。

日本ブリーフサイコセラピー学会松山大会ワークショップ

大会ワークショップ講師を務めます

今年は松山大会

日本ブリーフサイコセラピー学会の年次大会が2017年度は7月29日〜30日に行われます。今年は第27回松山大会、初の四国開催です。http://matsuyama2017.jabp.jp

システムズアプローチ〈完全理解〉

この学会では大会前日に大会ワークショップが開かれるのが常となっております。この度、8つのワークショップのうちのひとつ、「システムズアプローチ〈完全理解〉」で田中が講師を務めます。大会ワークショップを単独で行うのは初めてのこと。5時間というのは研修としては長いようで短くもあり、ワクワクしながら内容を考えているところです。

事前申込締切が近づいています

事前申込の締切は6月9日(金)です。締切を過ぎてお申し込みになると2,000円ほど参加費が高くなりますので、ご参加をご検討中の方は予約参加がおすすめです。詳しくはこちらのページからどうぞ。http://matsuyama2017.jabp.jp/form.html

以下、大会ホームページからワークショップの概要を転記します。

ーーー

システムズ・アプローチはブリーフセラピーを支える大きな柱のひとつです。ジョイニング、リフレーミング、コミュニケーション・パターン、どれもブリーフセラピーを実践する上で欠かせない要素となっています。システムズ・アプローチというと家族面接をイメージされる方は少なくないでしょう。しかし、家族面接だけでなく、個人面接や会議にも、はてはちょっとした立ち話や世間話にまで有効性を発揮します。それは、システムズアプローチが特定の方法を指すのではなく「ものの見方」に他ならないからです。

とは申しましても、本ワークショップは学校臨床をテーマとした、初学者向けの内容となっております。イメージとしてはデパ地下の試食コーナー。変わった味かもしれないけ れど、美味しいかもしれないし、エクササイズをまじえながら、基本の基本に少しずつ触れていきます。学校臨床以外の分野で業務に従事している方も、もちろん大歓迎です。

「明日から使える!」技法をたくさん学ぶことはとても大事なことです。しかし、それが使いこなせるかどうかは、それぞれの支援者にかかっています。ですから、システムズアプローチのものの見方が支援者の柔軟性向上に寄与する→諸技法の活用可能性が高まる→よりよい支援につながる、そんなワークショップを目指せるといいな、と思っています。

複数の関係者をシステムとして捉える視点から、既存のシステム観を転覆するオートポイエーシスまで、システムズアプローチは固定化されている経験をシャッフルしてくれることでしょう。

ーーー

関内カウンセリングオフィスのブログを開設致しました

関内カウンセリングオフィスの代表を務めております田中です。

この度、関内カウンセリングオフィス・スタッフによるブログを開設致しました。カウンセリングや心理療法について、研修やトレーニングの情報、また日々の所感など、書いてみたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。