安江

高橋規子先生の七回忌によせて

晩秋らしい、澄んだ空気とやわらかな日差しが心地よいここ数日です。オフィス近くの日本大通りや山下公園沿いのイチョウも、だんだんと美しい黄金色に染まり、通勤時や昼休みに目を楽しませてくれています。
根元には、かわいらしい実がコロコロと。通りかかるたび、拾いたくてムズムズします。でも、道ゆく人たちは見向きもしません。
あれは拾うと、何か問題があるのでしょうか。所有権が誰にあるとかなんとか?私の中では、落ちている銀杏といえば「早い者勝ちで拾うもの」というイメージなのですが……昭和?

閑話休題。
11月といえば、高橋規子先生の七回忌が近づいてきました。システムズアプローチを私に一から教え、鍛えてくださった、恩師です。2011年11月13日に、先生が47歳の若さで亡くなられてから、6年。もう6年なのか、まだ6年なのかよくわかりませんが、とにかく6年。

その頃、私はすでに高橋先生の研修会を一応「卒業」というかたちになっておりましたし、先生は私が頼らず、なるべく自力でやっていけるよう背中を押してくださっていましたから、先生に直接ご指導いただいたり、ご相談する機会も、少なくなっていました。それから、6年。
6年も経つと、あれこれさまざまに変わります。若手だからという言い訳に逃げられず、「中堅」と言われても拒めない世代になりました。経験したことのないお仕事をいただく機会も、増えました。学会の委員、シンポジストやコメンテーター、研修講師、等々等々。こんなやり方で良いのかと迷ったり、あれで良かったのかと悔やんだりも、しばしばです。
こんな時に、先生がいらっしゃったら。「先生に会いたいなあ」という思いが、胸をよぎります。6年前よりも今の方が、先生の不在を強く感じます。
まあ、なかなかに「濃ゆい」方でしたから、お会いしたらしたで「七面倒な話にもなるんじゃないの〜?」なんてツッコミが、各所から聞こえてきそうでもありますが(笑)

年次を経るということは、経験が積まれると同時に、「先生」を失っていくということでもあるのだと、あらためて思います。仕事を続けるかぎり、どんなにベテランになっても、迷い戸惑うことはなくならないでしょう。諸先輩方は「先生」の喪失と、どのように折り合ってこられたのか。あの方この方に、いつかうかがってみたいなあ……と、そんなことに想いが舞い飛ぶ頭の上は、霜月の深い深い青空です。

こんな時には、家族療法の偉大な先達、キーニーとその師「オルガ」に倣って、自分に問いかけてみましょうか。「もし高橋先生だったら、この状況をどんなふうに考える?」

(安江)

日本ブリーフサイコセラピー学会松山大会に参加しました

7月末、愛媛県松山市で行われた日本ブリーフサイコセラピー学会第27回大会に参加しました。ここ数年、時間の都合がつかず参加できなかったワークショップも、久しぶりに受講することができました。どの講座にしようかさんざん迷った末に選んだのは「ミルトン・エリクソン入門」。講師の津川秀夫先生(吉備国際大学)から、「タイトルに『入門』って書いてあったの、ちゃんと見た?(笑)」とつっこまれつつ、興味深く楽しく学ばせていただきました。

エリクソンと言えば催眠療法ですが、ワークショップのタイトルの通り、今回は「ミルトン・エリクソン」について学ぶことが主眼です。色盲、音痴、失読症、ポリオなど、さまざまな障害とともにあったエリクソンの生涯を紐解きながら、ユーティライゼーション、リソース、パターンといったエリクソンの治療における諸特徴が、いかにエリクソン「その人」と切り離せないものであるかを学びました。おそらく、エリクソンに限らず、技法や流派といったものはすべからく、それを学ぶ治療者その人という文脈と、切っても切り離せないものなのでしょう。いくら熱心に催眠療法を学んでも、誰も決してエリクソンと同じにはなれないこと然り。同じ◯◯療法を学んだ同士でも、互いのセラピーのありようはなぜか全然違うものになることもまた然り。

私にとって臨床活動は、何年続けても学習と挑戦と少しの達成感、それとは比べものにならないような、大きな自己否定のくり返しです。何かにつけて「なぜあの人のようにできないのだろう」と落ち込みがちですが、ちょっと見方を変えてみると、人生丸ごと含んだ「私」を活用したセラピーは、私にしかできない、ということでもあるのかもしれません。そんな勇気づけをエリクソンからもらいつつ、また今日からえっちらおっちら臨床の日々を、頑張っていこうと思います。

(安江)

自転車からカウンセリングへの「さざ波効果」

こんにちは。関内カウンセリングオフィスのカウンセラー、安江です。

自転車がやってきた!

ひと月ほど前、関内カウンセリングオフィスに、待望の自転車がやってきました。
折悪しく雨の季節になってしまいましたが、梅雨空の合間をぬって、ちょこちょこと乗っています。
銀行や、ちょっとしたおつかいなど、けっこう時間がかかっていた用事がスピーディーに済むようになり、助かっています。
横浜市というのは高低差の多い、自転車泣かせの都市ですが、オフィスがある日本大通りや関内近辺は平地なので、走るのも快適です。

自転車の「さざ波効果」

座っている時間が多いお仕事のため、十数分間の自転車漕ぎでもよい運動になります。身体がすっきりと、軽くなります。
気分転換にもなり、その日の後半のカウンセリングにも「よし、やるぞ!」と、より前向きな気持ちと集中力で、取り組めている気がします。

ブリーフセラピーの領域では、「さざ波効果(ripple effect)」ということが、よく言われます。
「ちょっとした変化が他にも波及し、多方面で良い変化が生じること」とでも言えばよいでしょうか。
自転車という、身近で意外なところから「さざ波効果」を感じる、今日このごろです。